2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メモ

メモ自分用
みちゃらめええええ

魅音「あ、あるぇ…?私の弁当がない……」
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 13:19:59.33 ID:uCX2NPCfO

レナ「プ…クスクス」
魅音「ね、ねえ、誰かおじさんの弁当知らない…かな?……」
梨花「みぃ?、早くお昼食べましょなのです」
沙都子「いただきますわ?☆」
魅音「……」
クスクス……クスクス……



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 13:37:02.69 ID:C8kZybqyO

魅音「あ、あるぇ…?私の机が無い……」
クスクス…
レナ「あれれ??wみーちゃんどうしたのかな?かな?ww」
沙都子「早く机をこっちに持ってこないと、先に食べちゃいますわよ」
梨花「み??誰かの机が校庭にあるのですよ?」
圭一「机が歩いて校庭に…まさかなwww」
詩音「……………………」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 13:48:40.42 ID:WkIHTb1q0

魅音「あちゃー、おじさんの負けだね」
沙都子「では罰ゲームとして鼻からスパゲティを食べてもらいますわ」
レナ「レナは肩パン10回で許してあげようかな?かな?www」
梨花「魅音には裸のまま逆立ちで雛見沢を一周してもらうのです。にぱーwww」
圭一「とりあえず3万持って来いよ」
魅音「あ、あるぇ…?容赦が無いよ……」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 13:52:41.65 ID:uCX2NPCfO

魅音「さて、と…次は体育か!早く着替えなくちゃ」
レナ「…?魅ぃちゃんどうしてこっちで着替えてるの?男子はあっちだよ?」
魅音「へ?レ、レナ何言ってんの??w」
沙都子「魅音さん早く行ってくださいまし!これは覗きというものになるんですのよ!」
魅音「ちょ、ちょっと…お、おじさん何の事だか全然わからないな……w」
梨花「みぃ?、魅ぃは『おじさん』なのでしょう?だったら着替えは向こうに行かなきゃなのです」
魅音「は!?いや…これはなんていうかギャグっていうか…」
レナ「まさか…そんなつまらないものがギャグのつもりだったの…?」
沙都子「き、気が狂ってますわ…」
梨花「みぃ…頭カワイソカワイソなのです」
魅音「わ……わかったよ……向こうに行くよ……」

圭一「おわっ!何してんだ魅音!は、早く出てけよ!こらっ富田君!そんなことは君にはまだ早い!」

レナ「男子に平気で裸体を見せるなんて…」
沙都子「気が狂ってますわ…!」
梨花「みぃ…頭カワイソカワイソなのです」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 14:20:43.62 ID:C8kZybqyO

圭一「街まで競争な!」
レナ「罰ゲームありだよ!」魅音「ふふ?ん、おじさん頑張っちゃうよ!」


魅音「よーし、坂道で逆転…」
圭一「お、魅音早いな!ww」
レナ「本当?!レナ達じゃ追い付けないね?www」
魅音「あははwww…ブレーキが効かない…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 14:40:15.20 ID:C8kZybqyO

魅音「ごめんレナ、教科書忘れちゃった…悪いけど見してくんない?」
レナ「…えっ!……ごめんねみーちゃん、レナも忘れちゃったみたい…」
魅音「レナまでwしっかりしなよ?あははwwてことで圭ちゃん、一緒に見してくんない?」
圭一「…おう、いいぜ…ほら貸してやるからしっかり勉強しろよ!」
魅音「え…圭ちゃんは?」
圭一「俺は予習ばっちしだからな!」
魅音「さすが圭ちゃん!頼りになる」
沙都子「圭一さん、わたくしの教科書を貸してあげてもよろしくてよ」
圭一「悪いなw一緒に見ようぜ」
沙都子「し…しょうがないですわね…///」
魅音「………………………」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 14:57:15.59 ID:C8kZybqyO

レナ「でね?その後の圭一君のメイド服かあいかったよ?!」
沙都子「用事さえ無ければ圭一さんの哀れな姿を見に行けましたのに…」
梨花「残念なのです」
圭一「もうメイド服はゴメンだぜ…だってよパンツまで女用だぜ…おさまr
魅音「なになに?何の話?メイド?圭ちゃんメイドでもやったの?」
レナ「…違うよみーちゃん、罰ゲームでね…」
魅音「…罰ゲーム…?あははwwおじさん抜きでそんなことやってたんだw」
レナ「…………………」
魅音「…さあ今日も部活始めるよ!」
圭一「…………………」
沙都子「…………………」
梨花「…………………」
魅音「…何がやりたい?なんにする!?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 15:13:54.68 ID:C8kZybqyO

魅音「圭ちゃん…これ、受け取ってくれる…?」
圭一「…チョコか、ありがとな!本命かw」
魅音「g…義理に決まってるでしょ!////」
圭一「そうかサンキュ」

レナ「あはははwwwハート型だよ!wwwどうしよっか?w」
沙都子「普通に捨てたんじゃ面白みが無いですわね」
梨花「バラバラに砕いて、明日みーの靴箱にいれるのはどうでしょう」
レナ「それいいねwww最高だよ!ww」
圭一「それで決まりだなw」
沙都子「レナさんの斧を使いましょう」
レナ「沙都子ちゃん、斧じゃないよ鉈だよwwwww」
沙都子「オーホッホッホ」
梨花「にぱー」

『落ち込んだりもするけれど、俺は元気にやってます。圭一』


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 20:03:14.61 ID:TsjsERblO

圭一「街まで競争な!」
レナ「罰ゲームありだよ!」魅音「ふふ?ん、おじさん頑張っちゃうよ!」


魅音「よーし、坂道で逆転…」
圭一「お、魅音早いな!ww」
レナ「本当?!レナ達じゃ追い付けないね?www」
魅音「あははwww」

?????10分後?????

魅音「あははwwwおじさんの優勝だね?。みんなまだかな??」

?????5分後?????
魅音「あははwwwみんな遅いなあ。罰ゲームなににしようなかなぁ?あははwww」

?????さらに10分後?????

魅音「あははwホントに…みんな遅いなあ、まさかね…おじさん前向きだから…」

?????さらに20分後?????

魅音「あはは………そうだそうだ!おじさんバイトあるから勝手に帰っちゃおうかな…明日みんなに謝ればいいよね…!あはは」

?????翌日?????
魅音「みんな?昨日おじさん勝手に帰っちゃってごめんね?許してくれるかな?」
レナ「圭一く?ん昨日のスイーツ(笑)おいしかったねぇw一番遅いからおごることになっちゃったんだよ?w」
圭一「くそぅ…でも楽しかったな!アハハwww」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 20:33:09.47 ID:ys94aM6j0

魅音「いらっしゃいませー!」
魅音「あっ、圭ちゃんにレナ・・・二人してどうしたの?もしかしてデ、デート?」

レナ「違うよ、今日「は」みーちゃんの働いてるとこ見に来たの」
圭一「そうそう、魅音のそんな姿中々見られないからな!」
魅音「あはは、そうなんだぁ、じゃあおじさんの働きっぷりとくと見ていってよ!まずは席までご案内?」

魅音「はい、こちらへどうぞお客様、こちらお冷やになります」
圭一「ありがとよ、それにしても可愛い制服だな、魅音!」
レナ「うんうん、かわいいかわいい!お持ち帰りした?い!」
魅音「そ、そう?でも可愛いすぎて、おじさんにはちょっと似合わないかなぁ、なんて・・・」

圭一「そりゃそうだろ、おじさん」
レナ「うん、似合ってないよ、おじさん」
魅音「・・・・・・・・」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 20:39:31.13 ID:C8kZybqyO

魅音「あちゃぁ…また上履きが無いや…あはは…おじさんなんかしたかな…?」
先生「あら園崎さん、どうしたの?」
魅音「あ、先生参ったね…また上履きが無くなっちゃってw」
先生「また!?あなたよく上履き無くすけど、まさかイジメ…なわけないわよねww」
魅音「あははwまさか?wすいませんスリッパ貸してくれませんか?」
先生「園崎さんごめんなさいね、スリッパはもう無いのよ…」
魅音「あははwそうですか…このスリッパは借りちゃダメなんですか?」
先生「授業に遅刻しないようにね」
魅音「…あははwwまあ今日くらいいっか!」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 20:56:53.49 ID:C8kZybqyO

魅音「おはよう!!レナ」
レナ「…お、おはよう」
魅音「あ、レナそう言えばさ?この前n
沙都子「レナさん、お手洗いご一緒しなくて?」

レナ「うん行く行く」

沙都子「梨花もご一緒しなくて?」
梨花「行くのです?」
魅音「…………おぅ圭ちゃん!」
圭一「待てって!俺も行くぜ」
沙都子「あら、圭一さんも女子トイレに行くんですの?」
圭一「おう!もちろんお前じゃなくて梨花ちゃん目当てな」
梨花「にぱー」
沙都子「まあお下品ですこと!オーホッホ!」
レナ「圭一君、レナの事嫌いかな?かな…?」
圭一「もちろんレナも覗いてやるぜ!」
レナ「やった!うれしいよ?w」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 21:03:25.09 ID:C8kZybqyO

魅音「もらい!…よし取った!…いただき!」

魅音「いやぁ?おじさん断トツだね!」
圭一「…………………」
レナ「…………………」
沙都子「あ?あ、カルタなんて飽きましたわ」
梨花「お外で遊ぶのです」
魅音「よしじゃあ外で缶けりだ!!」
店主「そろそろおひらきにするか」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 21:17:06.92 ID:Nslxs6Fp0

圭一「のわっ……!危ねえだろ沙都子このトラップ!」
沙都子「おーっほっほ!教室に入る時にも気を抜かないのが紳士淑女の嗜みでしてよー!」
圭一「このぉー!」
梨花「みー☆2人とも楽しそうなのですよ」
レナ「ほんとだほんとだ!かぁいいねえ☆」

キーンコーンカーンコーン

魅音「はいチャイム鳴ったよ!トラップはみんなで片付ける!」
「……」
魅音「……ちょ、先生来ちゃうよ?」
「……」

ガラッ

先生「……!なんですかこのイタズラは!誰ですか!?」
沙都子「魅音さんでしてよ先生!」
魅音「ちょ……!沙都子!あんたが……!」
先生「委員長、あなたがやったんですか?」
魅音「違……」
梨花「……魅ぃ、授業が始められないのです」
レナ「早く片付けたほうがいいと思うな」
圭一「自分でやったんだからちゃんと始末しろよ」
先生「委員長、遊びは遊び。授業に持ち込まないように。さぁちゃんと片付けて」
魅音「……はい……すいません…………」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 21:33:04.51 ID:Nslxs6Fp0

圭一「おいおいまた俺がビリかよ!くおぉぉぉ罰ゲームはお手柔らかに頼むぜ……!」
レナ「あははは!弱い圭一くんかぁいいかぁいいよー☆」
沙都子「では私からの罰ゲームはこれでしてよ!『フリフリピンクミニスカメイドで悩殺ポーズ』!!!」
圭一「おいいいいい!!」
梨花「圭一、これは罰ゲームなのです。ちゃんとやらなきゃだめなのですよ☆」
圭一「わーったよ……」
 ?5分後?
圭一「こ、これでいいか……?」
レナ「ははははううううううぅぅぅっ!おっおっおもちかえりぃぃぃぃ!」
沙都子「さあグラビアクイーンばりの悩殺ポーズよろしくですわ!」
圭一「こ、こう……こうか?」
レナ「もっもっもういいかな?おもちかえりしてもいいかな?かな?」
梨花「だめなのですよレナ。まだ他の人の罰ゲームが残ってるのです」
魅音「そうそう!今度はおじさんの罰ゲームやってもらうよ!『女子スクール水着で妹言葉』!!」
レナ「……」
梨花「……」
沙都子「……」
魅音「あ、あれ?それは素晴らしい罰ゲームですわ、とか、かぁいいよー、とか、あれ?」
圭一「じゃあ着替えてくるわ」
 ?5分後?
圭一「ほら、着替えてきたぞ」
魅音「……え、あ、うん……恥ずかしくないの?こうもっと恥ずかしがったり……」
圭一「罰ゲームなんだからしかたないだろ」
レナ「圭一くん、こんなのでも一応最後までやろう?」
圭一「ああ……もう脱いでいい?お ね え ち ゃ ん」
魅音「あ、う、うん……」
レナ「じゃあ次はレナね!『鬼っ娘ビキニで校内一周』!!」
圭一「ちょ!それはきついぜー!!」
沙都子「おーっほっほ!これは楽しみですわー!!」
魅音「…………」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 21:45:24.91 ID:Nslxs6Fp0

魅音「なーんか最近みんなが冷たいな……」
魅音「また気づかない内に空気読めないことして怒らせちゃったのかな……」
魅音「そういうことは面と向かって言ってもらわないと分からないよ……おじさん鈍感だから……」
魅音「今日思い切ってみんなに聞いてみようかな……」
魅音「……それにしても圭ちゃんとレナ遅いな……学校遅刻しちゃうよ……」
魅音「あと5分だけ待ってみよう……5分だけ……」

ガラッ

魅音「はぁ……はぁ……遅れてすいません……」
先生「遅刻ですか委員長、いけませんね」
魅音「……はい、すいません」
レナ「魅ぃちゃんお寝坊さんだもんねー」
圭一「だらしないぞ魅音」
魅音「……あれ、圭ちゃん、レナ……?」
先生「あなたは最上級生なんですから、常に下級生の模範とならなきゃいけないんですよ」
沙都子「あらあら、こーんなだらしがない上級生をお手本にはいたしませんわよ先生」
梨花「沙都子の言うとおりなのですよ、にぱー☆」
魅音「…………」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 22:05:56.51 ID:Nslxs6Fp0

圭一「げっ、俺が鬼か……クラス全員ゾンビにしてくれる!」
レナ「あははは!負けないよ負けないよ!」
沙都子「おーほっほ!のろまな圭一さんは亀との追いかけっこがお似合いでしてよー!」
梨花「みー☆頑張るのです」
魅音「じゃあ圭ちゃんは100数えたら追いかけ始めてね!スタート!」

魅音「さーて、とりあえず隠れる場所場所……ここにしよっと」
魅音「さてさてどうなったかな……あちゃー、レナと沙都子がゾンビになったか」
魅音「そろそろ動かないと包囲されちゃう……」
圭一「……!」
魅音「あ、け、圭ちゃん!(しまった!捕まる……!)」
圭一「……」
 タッタッタ……
魅音「……?え、どっか行っちゃった……。なんで捕まえないの……?」
魅音「まさか、見逃してくれた、とか……」
魅音「部活は真剣勝負……でも……嬉しい、な」

魅音「あれー……?どうして誰も捕まえにこないのかな」
魅音「ちょっと様子見てこよう」

レナ「よーしこれで全員、かな」
沙都子「まあわたくしが鬼になった瞬間この勝負は決まっていたわけですけどね」
梨花「みんなゾンビになってめでたしめでたしなのです」
圭一「はっはっは!見たか俺の実力!」
レナ「じゃあみんな帰ろっか」
 はーい……ぞろぞろ……

魅音「え、あ、ちょ、ちょっと…………」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 22:39:36.14 ID:RtAXyl800

魅音「あるぇ・・・おじさんの弁当がないよ、傑作で皆にも分けようと思ったのに」
レナ「ん??さっきそこにあってまずそうダッタからゴミ箱にすてちゃったよクスクス」
圭一「ああ、ホントにあればあり得ないほどまずそうだったな、一口喰ったら朝飯吐いちまったじゃねーか」
沙都子「ホント魅音さんはおはぎに針を入れるで済まさないで毒までいれるなんで・・・人殺し!こないでぇ!」
梨花「悪いけど・・・あんたの弁当はもう食べないわ」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 23:20:38.44 ID:WGrn+lCK0

魅音「明日学校休んじゃ…嫌だよ?」

圭一「そういえば明日は皆で放課後野球するんだよな?レナ」
魅音「え?」
レナ「はう?圭一くん覚えててくれたんだね!梨花ちゃんと沙都子ちゃん楽しみにしてたよ!」
圭一「学校終わったら興宮のほうのグラウンド集合でいいんだよな?」
レナ「うんっ!圭一くん、興宮までレナと二人で一緒に行こ?」
圭一「おう、最初からそのつもりだ!」
レナ「えへへへっ雨降らないといいね?」
圭一「そうだな!明日は絶対勝つぜ?」
レナ「でも圭一くん、具合は大丈夫かな?…かな?」
圭一「当たり前だろ、レナと梨花ちゃんと沙都子が心待ちにしてくれてるんだからな!身体なんて気にしてる場合じゃないぜ」
レナ「はう?圭一くん頼もしい!明日は頑張ろうねっ!」

圭一「っていうか魅音何してるんだ?」
レナ「そんなところに突っ立ってたら邪魔じゃないかな?かな?」

魅音「………………」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/18(金) 14:11:49.79 ID:AQB5udyE0

羽入「たまには魅音が発症する世界も見てみたいのです!あぅ」
梨花「あんたにしてはいい案じゃないの…ちょっと見てみようかしら」

>>1に続く
[ 2009/11/07 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

No title

一日に何回テンプレかえんだwwww
[ 2009/11/11 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marimonage.blog120.fc2.com/tb.php/1-80447b3c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。