2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メモ

・基本的な対戦設計

リリは全体的にリーチが短く技のスカ硬直が長い為
中間距離が苦手。
強力な横移動を生かすためにも接近戦で闘うべき。
とは言え、小技に恵まれているとは言い難いので、
固めよりも早め早めの2択を意識していきたいところ。

つまりは
「頑張って近づいて、やることやったらさっさと逃げる」
コレです!



・近距離

ここで言う近距離とは、ほぼ0距離のこと。
その場投げが届く距離くらい?

この距離で狙うのはズバリ右アッパーと
アルトロデオの二択です。
右アッパーは右に強く、アルトロデオは左に強い為
軸移動の面でも2択になっているのがポイントです。

コレだけ聞けば強そうなんですが、
この2択は非常に暴れに弱い為、
暴れを抑制する手段が必要になります。

トライアングルやらライトゥやらエーデルワイスやらですね。
上に上げたのは全てリスクが大きめの行動なのですが
暴れ抑制のポイントは相手にリスクを負わせることなので
比率を考えた上で割り切っていきましょう。

この辺に加えて、本命である横移動のスカシを混ぜれば
相手も迂闊に手を出せないはず。

あとはオラオラするだけですね。



・中距離
ライトゥの先端が届かない距離とでも言いましょうか。
相手のリーチにも左右されるので表現が難しいところです。
お互いの牽制技をスカシあう。そんな距離かな?

この距離で主力になるのは
生ロー、シットスピン、ライトゥ、アンガルド
辺りでしょうか?
左アッパーが入っていないのは
軸移動に対する弱さを考慮するとリスクとリターンが
合わないと考えるからです。

この距離ではスカシライトゥをちらつかせつつ、
接近の機会を伺うのがメインになります。
ここでリードを奪われないように立ち回れるかが
対戦のキモになります。
パラステからの生ローやアンガルドもうまく活用して
行きたいところです。



・遠距離

相手も自分もやることが無い間合いです。
できることといえば
助走をつけてスパインで突っ込んだり、
スライディングを引っ掛けたり程度でしょうか?

かえるはめんどくさいので、スパインで突っ込んじゃいます。

[ 2009/12/23 ] 鉄拳 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marimonage.blog120.fc2.com/tb.php/15-419d4abb






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。